利用規約
        
当サービスは以下の利用規約に同意する者のみ利用。
本利用規約は当サイトへアクセスし、サービスを利用した時点で有効とします。また、同意しないものは利用できません。

1 サービス使用について

1.1 利用申請の承認
利用加入の申請は、本サービス利用に必要な「ユーザーID・パスワード」の発行をもって成立したものとします。ただし、ユーザーより申請された情報に虚偽の記載があった場合・本サービスの利用が適当でないと管理者が判断した場合は承認後であっても、その承認を取り消す場合があります。また、利用が適当でないと判断した場合、その趣旨をユーザーへ連絡する義務を負わないものとします。

1.2 登録電子メールアドレス・ユーザーID及びパスワード
ユーザーは登録電子メールアドレス・ユーザーID及びパスワードの管理に責任を負うものとし、操作ミスまたは第三者による不正使用等に関して、VideoShare はいかなる責任も負いません。VideoShareは、登録された電子メールアドレス・ユーザーID及びパスワード再発行の義務を負わないものとします。

1.3 権利の譲渡・販売
ユーザーは、ユーザーIDやパスワードを、VideoShareの事前の許可を得ることなく第三者に譲渡及び販売・貸与してはならないものとします。

1.4 通信
VideoShareを利用するには、WEBにアクセスする必要があります。 ユーザーは、自己の費用で通信手段を準備し、それらを適切に設置・操作する必要があります。 WEBにアクセスするまでの準備・方法などについては一切関与しないものとします。


1.5 ユーザー保有の作成物
ユーザーは、VideoShareを通じて作成されたユーザー自身の作成物について、著作権およびその他の権利を保持するものとします。ユーザーがVideoShareを通じて発生した作成物は、編集、翻訳、出版、実演、展示、プロモーション、配布する権利をVideoShareが無条件で利用できるものとします。この権利はVideoShareが本サービスの運営上の理由により必要不可欠のものであるとし、ユーザーはこれを承諾するものとします。

1.6 アップロード制限
ユーザーがVideoShareにアップロードするファイルの最大容量は、2GBさせて頂きます。


2.1 禁止事項
本サービスを使用するにあたり、以下の行為を禁止します。禁止行為を行った場合、通知なく処分すると共に、VideoShareまたは第三者に損害があった場合、該当ユーザー及び利用者に賠償を請求致します。

法律に抵触する内容の掲載、及び違法な行為を勧誘または助長する行為。
地域の、地方の、国の、国際的な法律に反する行為。
個人のプライバシーに関する情報の書き込み、掲載及び肖像権侵害する行為。
他の利用者または第三者の産業財産権(特許権、商標権等)、著作権、企業秘密等の知的財産権を侵害する行為。
公序良俗に反する行為及び表現。他の利用者又は第三者に対して、卑猥な映像・音声・文字列などの情報公開、及びその幇助。
本サービスの運営・提供又は他の利用者の本サービスの利用を妨害し、又はそれらに支障をきたす行為とその幇助。
VideoShareのサーバーに負担をかける行為、管理者や他者のコンピュータのソフトウェア・ハードウェア等の機能を妨害、破損、制限する行為やその行為に関する幇助。
犯罪及び犯罪に結びつく行為の予告、またはそのおそれの高い情報を不特定多数が閲覧できる状態に掲載する行為。
本サービスを媒体として法令に抵触するような行為。
本サービスの正常運用を妨げる行為。
その他、VideoShareが、合理的な理由に基づき不適切と判断する行為。


2.2 ユーザーは、本サービス上のテキスト、画像、音楽、映像等のコンテンツにおいて、
以下に類する内容のコンテンツのアップロードは禁止致します。

第三者が所有権・著作権・知的財産権・商標権・パブリシティ権を有する画像、音楽、動画など
他人のプライバシー権、肖像権を侵害する画像、音楽、動画など
他人の信用若しくは名誉を侵害する内容の画像、音楽、動画など
社会道徳・公序良俗に反する内容の画像、音楽、動画など
悪質な商法・過度な宣伝や宗教等の勧誘を含む内容の画像、音楽、動画など
民族的・宗教的・人種的・性的な差別表現を含む内容の画像、音楽、動画など
傷害・自殺・違法薬物使用・窃盗をはじめとする犯罪行為を助長する内容の画像、音楽、動画など
児童ポルノ、及び児童買春に類する画像、音楽、動画など
その他、管理者が、合理的な理由に基づき不適切と判断する画像、音楽、動画など
禁止事項への抵触の有無はVideoShareの判断によるものとします。


2.3 禁止事項への抵触の有無は管理者の判断によるものとします。




3. 免責事項
以下の項目に対してVideoShareは一切の責任を負いません。

ユーザーは、ユーザー自身が作成されたVideoShare上のコンテンツの内容について、あらゆる法的責任、損害賠償および訴訟費用について全責任をお持ち頂きます。また、日本国の法律、法令、条例に反するような内容や、他人への誹謗中傷、いやがらせ、他人の知的所有権の侵害、プライバシーの侵害、公序良俗に反する内容 が掲載されてしまった場合、すみやかに削除する管理義務を担っていただきます。VideoShareは、また利用者および第三者に対していかなる責任も負いません。

サービス継続提供に関し、いかなるお約束もできません。
個別に予告なくサービスの停止や中止、また無料サービスが有料サービスに変更される場合がございます。ご了承の上ご利用ください。

本サービスを利用して起きたいかなるトラブルについても、VideoShareは一切関知しません。内容の管理責任は作成ユーザーにあり、したがって本サービスの利用を通じ利用者に何らかの被害が生じても損害賠償などには応じられません。

VideoShareは、VideoShare上のコンテンツを監視・削除する義務を負いません。
発信された全ての情報に関する責任はユーザーが負うものとし、当該情報を削除しなかったことによる、ユーザーまたは第三者の被った被害についてVideoShareは一切責任を負わないものとします。

ユーザーの利用行為が、VideoShare、他ユーザー、利用者または第三者の権利を侵害しまたは利用の支障となると判断した場合、VideoShareの判断で該当ユーザーに警告無しにユーザーIDやユコンテンツの凍結及び削除しますが、凍結・削除についてVideoShareは一切責任を負わないものとします。

ユーザー及び利用者によって、WEB上でVideoShareに対して提示される、住所・氏名・電子メールアドレス・電話番号・ファックス番号などの個人情報(以下「個人情報」といいます)は、ユーザー及び利用者の同意なしに第三者に開示いたしません。ただし、下記の場合は個人情報を第三者に開示することがあります。
裁判所・警察等の公的機関から、法令に基づく正式な照会要請を受けた場合。
人の生命、身体及び財産等に対し差し迫った危険があり、緊急の必要性があると認められる場合。
VideoShareのサイト上でユーザー及び利用者の行為が、利用規約に反し、VideoShareの権利・財産やサービス等を保護するため必要と認められる場合。
VideoShareのサイト上でユーザー及び利用者の行為が、利用規約に反して、第三者の権利・財産やサービス等を侵害し、第三者の権利・財産やサービス等を保護するため必要と認められる場合。
VideoShareのサイト上でユーザー及び利用者の行為が、VideoShareのSEOその他、VideoShareのサービスの品質の低下の予防・回復に対して、必要と認められる場合。

VideoShare内のコンテンツから外部の情報へアクセスできる場合、ユーザー及び利用者がその外部の情報の安全性、完全性、正確性を信頼した事によるいかなる損失または損害についても、VideoShareが責任を負わないことについてユーザー及び利用者は了承し、同意するものとします。

VideoShareは本サービスを利用した事・利用出来なかった事・又は利用しなかった事に関してユーザー及び利用者が被ったいかなる損害または損失などについては、一切の責任を負わないものとします。


4. 退会

ユーザーは、本規約及びVideoShareが定める方法により、本サービスの利用を終了し、本サービスから退会することができるものとします。

ユーザーは、本サービスから退会した場合、VideoShareのサービスを利用する権利を失うものとします。


5. サービスの一時停止・中止

VideoShareは、ユーザー及び利用者に事前に通知することなく、本サービスのシステム等を変更することができるものとします。

VideoShare は、保守作業、システム復旧、停電や天災などの不可抗力、またはその他のやむをえない理由により本サービスの運営を中止または中断することがあります。その場合は、あらかじめその旨を告知しますが、緊急を要しやむを得ない場合は、この限りではありません。

VideoShareは、いつ何時といえども、VideoShareの判断によって本サービスの内容を変更し、または本サービスの一部または全部を停止しもしくは終了することができることとします。本サービス終了、または抹消後、VideoShareは、VideoShareのサーバーに保管される投稿およびその他の情報等を、 VideoShareの判断で抹消することができるものとします。

本サービスが途中で終了した場合、その終了原因の如何を問わず、VideoShareはユーザー及び利用者に対して損害賠償責任を負わないものとする。


6. 保証の制限

VideoShareでは、以下の保証をしない。

サービスが一時的にも停止することなく、常時運営され続けること。
サービスに欠陥が生じた場合に、常に原状のとおり復元・修復されること。
上記を完全に確保するためのセキュリティ方法を提供すること。
サービス内にコンピュータウイルスなどの破壊的構成物が存在しないこと。


8. 紛争処理

本規約は、日本国法が適用されるものとします。

当サービスの利用から生じた一切の紛争やクレームについては日本において認知される仲裁手続きにより解決されるものとします。
仲裁を経て解決されない紛争やクレームは裁判にて解決されるものとします。
仲裁・裁判に関する弁護士費用は各当事者の負担とします。
本規約の条項が裁判所により無効あるいは施行不能とされた場合でも、当該条項以外の内容を有効とし、適応されるものとします。


9. 広告表示に関して

本サービス中に表示される広告・宣伝を行っている広告主との取引は利用者と該当広告主の責任において行ってください。VideoShareはサービス中に掲載されている広告によって発生した損害及び掲載された事自体に起因する損害に関しては一切責任を負いません。

VideoShareは広告枠及び広告表示の位置、表示期間等の仕様に関して、予告なく変更を行う場合が御座います。
ユーザー及び利用者はこれを許諾するものとします。


10. 規約及び条件等の改訂

本規約及び条件は、VideoShareの判断によりユーザー及び利用者の承諾なく随時変更・改訂を行うことができるものとする。

また変更後の本規約は、当WEBサイトに掲載された時から直ちに適用されるものとする。